2-Vファーレン長崎DSC09837

昨日、行われたVファーレンのサポーターズミーティングに参加してきました。

どんな事が質問にあがったか
どんな雰囲気だったかは
長崎新聞さんの記事の通りです。







1-Vファーレン長崎DSC09835

恐らく過去最高の参加者。
ざっと見、150人ほど。
椅子が足りず、2時間30分立ったまま
聞いていらした方も、多数いらっしゃいました。

ミーティングの事を詳しく知りたい方がいらっしゃると思います。
私の記憶が曖昧な点がある事
今回のミーティングより、議事録を公表する旨
「事前質問事項へ回答書」に明記されていましたので
そちらでご確認頂けたらと思います。

安心材料として、1つだけ皆様にお伝えできることは
債務超過にはならないと断言された事。

1.2億円の赤字決算見込みで
今期の赤字 1.2億円(見込)+累積赤字 1.8億円=3億の赤字(見込)
累積赤字のデカさに更にビックリ





ココからはサポーターズミーティングに関して
私見を綴ります。

私は株主では無いので、経営に関する事は
発言できる立場では無いですが
債務超過でライセンス剥奪になる可能性があれば
看過する事ができない問題です。
私の唯一の夢と希望は
Vファーレン長崎がJ1に昇格する事。

1月末で退任された、取締役、専務
そして辞表提出中の社長 3人
サポミ開催初日に「諸般の事情で欠席」
と公式HPで発表されました。

沢山の方から要望、意見、提案がありましたが
出席されていたクラブの方6人では
回答ができない事案がほとんどでした。
知りたかった事は、ほぼほぼ聞く事ができず・・・。

サポーターの方が、追求されると
辻褄が合わなくなったり、回答書と食い違ったり。

出席されていたクラブの方々が
明確な答えきれなかったって事は
辞表を提出された3名が内々でやってたの??
それとも知っているけど、隠したの??
懐疑心が深まるばかり・・・。

取締役は1月末で退任
Vファーレン長崎から退いていらっしゃいますが
社団法人 V.V NAGASAKIの代表なのに
サポーターミーティングに参加しないのはなぜ??
サポミは4日間開催されたのに
1日も顔を出せないのは解せない。

社長も同じ。
去年の10月に開催された、サポーターミーティング(諫早)
社長は出席されたものの、15分ほどで退席。
11月に改めて社長との意見交換会を開くと
取締役が約束されたのに、約束を果たさない。
そして、今回のサポミもドタキャン!!
サポーターを避けているとしか思えない。
やましい事があるのでしょうか?
社長に不信感が募るばかり。

質疑があった事案は、社長や取締役が出てきて
「はい」か「いいえ」で答えれば済むものばかり。
なぜサポーターの前に出てこないんですか

社長に直接聞きたかった事があります。
質問書の回答によると
「社長の就任直後、四半期決算(H28年4月〆)
の時点で、1.4億の赤字予想だったが
支出時の稟議決済などの徹底により
数千万の赤字を縮小できた」
との事。
社長が就任される前のタイミングで
大幅な赤字が出る事が分かっていたのでは?
となると・・・
今期の赤字について、責任の所在は
社長には無いように思えます。
ましてや、数千万円の赤字縮小を実現できたのに??
なぜ辞任するのか聞きたかったです。

質問に対し
「検討します」
「持ち帰ります」連発
レスポンスが無いサポーターズミーティングは
時間の無駄ですよ

チラシ配りも然り。
サポーターの方から、何度も提案されていますが
「検討します」
それで終わり。
その場しのぎの言葉で終結するのなら
できないなら、できないと言って欲しい!!

回答書では説得力がありません。
事実を知り得え、説明責任のある
社長と取締役を交えての
サポーターミーティングを開催して頂く事を
切に願います。